« 電波女と青春男 第2章 | トップページ | 魔法少女まどか☆マギカ 第11話 »

2011年4月30日 (土)

魔法少女まどか☆マギカ 第10話

01:03(CM込み)
これが本来のほむほむ?
根本的な性格があそこまで変わるものだろうか?

04:37(CM込み)
isadel?
ともあれ、ほむらにとっての元の世界ではまどかは既に魔法少女だった、と。

08:35(CM込み)
世界の巻き戻しは最後にまどかが願うのかと思っていたが、ほむほむだったか。
そして、インキュベーターは巻き戻しを認識できない程度の存在ってこと?宇宙云々言う割りに、某情報統合思念体のインターフェースみたいに未来にアクセスできないのか。

10:44(CM込み)
ほむほむ、体力なさ過ぎ。
変身してその程度で息切れとか戦力にならんだろ。
だいたい、魂抜いてまで戦闘向きの体にしたんじゃないのか?
この時点では、本人がそれと知らないからうまく扱えてないだけ?
それにしても、まどかの反応、この世界では魔法少女少女じゃないのかと思ったが、秘密を曝されて困ってただけなのね。

11:02(CM込み)
手榴弾って手作りだったのか。ネット情報を頼りに?
そしてセーラー服魔女はpatricia?
それにしても、女子中学生の手製爆弾であの威力ってどんな才能だよ。

15:56(CM込み)
爆弾以外の武器ってこうやって調達してたのか。
粗悪品だったりしないのか?米軍基地とか行った方がいいんじゃ?
oktavia von secken dorffって、やっぱりさやか?この世界でもこうなるの?
と思ったら更に悲惨なことに…
第6話を見たとき、変身状態ではジェムはどうなってるのか気になったのだが、やはり宝石状装飾品がそうだったということ?しかも、簡単に砕けるみたいだし。弱点過ぎるだろ。
それが魂そのものとは知らない筈のマミだが、それを狙ったということは砕かれると死ぬという認識はあったのか。
第9話で杏子が自爆したときのあの威力は本人の意思によるものということ?

19:24(CM込み)
それにしても、まどか自身との約束だったとは…
第1話冒頭の夢って、未来の自分の願いを受信したのだろうか?

20:37(CM込み)
見慣れたほむほむ?
あんな経験すれば、こうなるのも無理はないか。

21:18(CM込み)
って、本当に行ったのか、米軍基地?時間操作、なんでもありだな。
roberta?

23:52(CM込み)
kriemhild gretchen?

25:15(CM込み)
ほむほむ、悲壮な覚悟。
しかし、過去に戻っても記憶が残ってるってことは穢れも残ってるんじゃ?
ループを繰り返すうちに、浄化の限界を超えて魔女化したりしないんだろうか?

26:57(CM込み)
あれ、五人揃ってる。
happy endのフラグが立った?…訳ないか。

« 電波女と青春男 第2章 | トップページ | 魔法少女まどか☆マギカ 第11話 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571952/51533542

この記事へのトラックバック一覧です: 魔法少女まどか☆マギカ 第10話:

« 電波女と青春男 第2章 | トップページ | 魔法少女まどか☆マギカ 第11話 »