« 夢喰いメリー 第13話 | トップページ | Aチャンネル 第1話 »

2011年4月 9日 (土)

GOSICK -ゴシック- 第12話

00:34(CM込み)
アブリル、全画面。
そして、バカンスのお誘い。別荘にご招待、ってそこまで久城に気があるのか。
その久城はヴィクトリカにお伺い?
「愚かな」は久城に対して?それとも素直になれない自分への自嘲?
それにしても、お菓子より事件の方が優先順位高いんだ…

05:35(CM込み)
ヴィクトリカ、久城のお伺いなどお見通しってこと?
何でそこまでわかるんだ?愛か、愛の力か?

06:09(CM込み)
久城、ヴィクトリカのことを秘密にしてなかったか?と思って9話を見返してみたら名前は出してたのか。そしてアブリルは男友達だと思い込んだ、と。もしかして、「ヴィクトリカ」って普通は男の名前なのか?GUN SLINGER GIRLでもそうだったがまったく違和感を感じない…
しかし久城、ヴィクトリカを連想する過程を見ると異性として見てないのか?見た目があれだから庇護欲を刺激されてるだけなのだろうか?そして、「皆避暑に行っちゃって」は図書館に篭りきりのヴィクトリカには関係ないのでは?

07:08(CM込み)
そしてヴィクトリカ、人がいないのをよいことに屋外で読書。
って何でひなた?直ぐそばに木陰があるのに。一人我慢大会か?

10:19(CM込み)
それは久城自身が無意識にそう思っているのが行間に滲み出ているからでは?

11:38(CM込み)
何、この反応?
ヴィクトリカ、木登りが夢だったとでも言うのだろうか?

12:59(CM込み)
幼い頃の姉上、結構激しい性格?

16:55(CM込み)
久城、子供どころかヴィクトリカのことは猫か何かのように思ってる?
そしてヴィクトリカ、本当に木登りが夢だったのか?
しかも降りられなくなるとか、子猫みたいだな。
それにしてもセシル先生、そのサイズのケーキをホール食いとは…
そもそも、野外に放置されてるものに手を付けるのは教師として如何なものか。

19:59(CM込み)
ヴィクトリカ、ひでぇ。
その身軽さなら、いつでも降りられたんじゃないのか?
久城が来たから、怖くなくなったということ?

20:52(CM込み)
衝撃の事実。
それでどうやって生活してるんだ。専属メイドがいるならともかく。
セシル先生が面倒見てるんだろうか?

21:36(CM込み)
何、この演出?
この二人、新たな芸風に目覚めたのか?

27:49(CM込み)
アブリル、めげないな。そして久城はまったく懲りていない、と。

« 夢喰いメリー 第13話 | トップページ | Aチャンネル 第1話 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571952/51344890

この記事へのトラックバック一覧です: GOSICK -ゴシック- 第12話:

» GOSICK -ゴシック- 第12話 『夏の午後に蝉の声を聞く』 感想 [アニメ好きな俺は株主]
「あっ、居た居た」 「久城くぅーん」 「地中海に行かない」 「えっ、地中海ってあの地中海?」 突然2ヶ月の休暇を祖母の別荘で一緒に過ごさないか、と頬を赤く染めながら久城を誘うアブリル。 さ...... [続きを読む]

« 夢喰いメリー 第13話 | トップページ | Aチャンネル 第1話 »