« 電波女と青春男 第6章 | トップページ | Aチャンネル 第7話 »

2011年5月23日 (月)

GOSICK -ゴシック- 第18話

08:48(CM込み)
「俺の仲間」って、黒髪少女?
前回右手に隠してたのが形見箱?時計商や金髪少年ともグル?
アカデミーの諜報員ってこと?
黒髪少女の母親かと思った、この婦人はオカルト省側の監視員?

09:16(CM込み)
黒髪少女、何でこんなに反応するのか?
真偽はともかく、先ほどの話に対しては普通の返しだと思うのだが…
久城が簡単に信じたから驚いたのか?

10:44(CM込み)
「似合ってる」に照れるヴィクトリカ。
自分でも言っているが、この時代だと給仕服が似合っても嬉しくないのでは?

13:26(CM込み)
ヴィクトリカ、何に反応したんだ?
黒髪少女が左手でコップを持ったから?

16:08(CM込み)
ヴィクトリカ、僅かな屈折率の差で毒が溶け出したのに気づいたのか?
でも、温度差だけでも同じように見えるんじゃ?

19:40(CM込み)
黒髪少女、誕生日を知らないのは本当なのか。
無意識に本音が出て、それを久城が改めて口にしたからあんなに反応した?

24:06(CM込み)
形見箱の中身は科学アカデミーの長のスキャンダルか。

25:10(CM込み)
と思ったら、真の秘密はちゃっかり失敬していたのか、ヴィクトリカ。
こっちはブロワ侯爵のスキャンダルだったりするのだろうか?

« 電波女と青春男 第6章 | トップページ | Aチャンネル 第7話 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571952/51744804

この記事へのトラックバック一覧です: GOSICK -ゴシック- 第18話:

« 電波女と青春男 第6章 | トップページ | Aチャンネル 第7話 »