« 神様ドォルズ 第7話 感想 | トップページ | ダンタリアンの書架 第7話 感想 »

2011年8月20日 (土)

STEINS;GATE #20 感想

03:53(CM込み)
2010.08.12 00:41
「すとぉ~っぷっ!!」
コインロッカーを破壊しようとするオカリンを止める牧瀬紅莉栖
元の世界線に戻らないと駄目なの?
ダイバージェンスメーター見る限り、どんどん離れてるような気がするんだが…
そして、SERNの指揮官に接触とか無謀過ぎなんじゃ?

05:17(CM込み)
シャイニングフィンガー、どういう心境の変化だ?
オカリンに感化されて運命に抗ってみる気になったの?
って、全画面だと目が怖いw
孤独の原因は、それじゃないの?

06:26(CM込み)
一段と儚げなまゆしい。このまま消えてしまいそう。

09:06(CM込み)
2010.08.13 13:25
IBN5100、未だコインロッカーに入ってたんだ?
でも、回収に来たのは、どう見ても下っ端だよね?

10:25(CM込み)
2010.08.13 13:36
一旦ラボに戻ってタイムリープしたの?
使い過ぎでおかしくならないか?
そうでなくとも、面倒な回り道の記憶が全部残るのは精神的にきつそうだな。
そして、いくら尾行を警戒しても元の駅に戻ってきたら意味ないんじゃ?
って、ミスター・ブラウンがFBとか言い出すのか?

11:12(CM込み)
2010.08.13 14:16
またタイムリープ?何で?
と思ったらレンタカー借りてきたのか?
で、オカリンは免許もってないの?
そして、シャイニングフィンガーはその性格でよく教習所に通えたな。

12:42(CM込み)
「連絡くらいしろぉっ!!」
全画面で怒る牧瀬紅莉栖。
そして、ミスター・ブラウンはSERNとどんな関係?
過去に行ったバイト戦士に世話になったという話で、代わりに誰かに親切にしてあげて、みたいなことを言われたんだっけ?生前バイト戦士が探していたIBN5100を求めるSERNに、バイト戦士への恩返しのつもりで協力してるとかなら、皮肉過ぎるな…

15:25(CM込み)
「裏切ったようだな、M4」
って、あんたがFBかいっ!!
その容姿であのメールを打つところを想像したくなかったんだが…

18:44(CM込み)
シャイニングフィンガー、哀れ。運命からは逃れられなかったということか?
ミスター・ブラウン、なんの躊躇いも無しかよ?
と思ったら、娘を人質に取られているようなものなのか?
「俺さえ死ねば」
もう滅茶苦茶ですがな。一人残された娘にどうしろと?
そういえば、母親は誰?まさかバイト戦士とか?
ところで、例の警告メールってもしかしてミスター・ブラウンが出してたの?
そういうのに慣れてそうだし、場所的に色々と筒抜けだったろうし…

20:42(CM込み)
シャイニングフィンガー、生きてたのか?
「ご、ごめん」
別世界線でまゆしい殺した記憶を垣間見たから謝るの?
「ご、め…」(ガクリ)
逝ってしまった…
本当のことを確かめられても、結果がこれではさぞかし無念だったろう。
それにしても牧瀬紅莉栖、こんな場面でも冷静とは本当に頼りになるな。
腰抜かしてるけどw
Dメールの準備は予めしてあったの?それとも電話でダルに頼んだ?
ともあれ、FBの携帯電話を手に入れた訳だから予定通りってことになるのか…
って、その文体はいくらなんでも違い過ぎなんじゃ?

21:32(CM込み)
0.571046
ダイバージェンスメーター、前は0.523307だったからまた一寸上がったな。
元の世界線から離れる一方じゃん。
そして、ここは8.15にシャイニングフィンガーが自殺してない世界線ってこと?
ここではどんな理由でその部屋を訪ねたんだ、オカリン?
ともあれ、直前がアレだっただけに部屋の隅にちょこんと座ってメール打ってくるシャイニングフィンガーがいつも通りで、絵面は陰鬱なのに何か和むなw

22:08(CM込み)
IBN5100、ラボに運び込むとか無謀過ぎだろ?
ミスター・ブラウンに見咎められたらどうすんだ?
オカリン、嘘が下手&顔に出るタイプに見えるんだが…

22:19(CM込み)
2010.08.14 00:40
またタイムリープ?
ダルが出かける前に?
帰ってくるまで待てんのか?

23:37(CM込み)
「最初のDメールか」
「それってあれでしょ?」
「私が刺されてたとか何とかっていう」
色々あり過ぎてすっかり忘れていたよ…
確か、その15分前にオカリンが思いつめたような顔で何か言おうとしてたんだっけ?でも、その時点のオカリンにはそんな記憶はない。ってことは、未来の記憶を上書きするタイムリープじゃないってこと?バイト戦士のタイムマシンはIBN5100が入手できなくなるから使えないだろうし。よくわからんが、謎のオカリンは葛藤の末に牧瀬紅莉栖を見捨ててまゆしいを選択した、ってこと? #16を視たとき、牧瀬紅莉栖の存在自体がまゆしい死亡の原因か、とか思ったりもしたが…
SERNのデータ消すだけじゃ駄目なの?襲撃がなくなるだけで、結局事故死?
それにしても、β世界線って#01の最初にいたところなのか?
見知らぬ世界だとばかり思っていたよ…
ダイバージェンスメーターが増える=元の世界線に近づいてる、ってこと?
振り出しに戻って、今度は牧瀬紅莉栖を助ける方法を探すことになるの?
父親との確執の話もあるし、牧瀬紅莉栖が科学者にならないように仕向けるといういのはどうだろう?オカリンと出会うこともなくなりそうだが…

« 神様ドォルズ 第7話 感想 | トップページ | ダンタリアンの書架 第7話 感想 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571952/52518073

この記事へのトラックバック一覧です: STEINS;GATE #20 感想:

» 最後をしめるもの 朝夕のあにめより [義風捫虱堂]
シュタインズ・ゲート 20話「怨嗟断絶のアポトーシス」 花咲くいろは #20 神様ドォルズ #7 [続きを読む]

« 神様ドォルズ 第7話 感想 | トップページ | ダンタリアンの書架 第7話 感想 »