« ダンタリアンの書架 第13話 感想 | トップページ | 輪るピングドラム 11th station 感想 »

2011年9月24日 (土)

神様のメモ帳 第12話 感想

06:02(CM込み)
エンジェルフィックス、袋に羽のホログラム入れてるの?
そこから足が付くとかいう展開?

07:46(CM込み)
「視覚の鋭敏化、エンジェルフィックスの常用者にその特徴が現れる」
格ゲーが得意ってのもその効果?
幻覚が見えるって話じゃなかったのか…
まぁ、天使の囀りみたいなホラーな展開じゃなくてよかったw

07:46(CM込み)
「実験だね…、薬の効果がどれ程のものか」
「この街の雑踏の中からでも、天使の羽を見つけることができる」
「それ程の信者を作り出せるか否か、それが墓見坂の目的なんだ」
それにしても、売人探すために薬飲むとか無謀過ぎるだろ。
「覚悟はあるのかい」
「生者の声を聞くために、自分が死者になる覚悟が」
もっと科学的な手段はないの?紫外線照射とか光学フィルターとか?
「他に道が無いのなら、この道を進むしかないだろう」
えぇ~…

10:19(CM込み)
藤島鳴海、意外と不器用?

10:52(CM込み)
鳴海の帽子、何か光ったと思ったらカメラか?随分小さいな?

12:17(CM込み)
これだと、売人の頬に反応したようには見えないんだが…
幻覚を追ってたら偶然売人が通りかかった、みたいな感じ?
せめて、いきなり抱きつくとかしないとw
尾行するにしても、先ずは薬売るのを確認してからじゃないの?

14:35(CM込み)
「その鬱血はエンジェルフィックスの、ある成分に対する拒絶反応だ」
「麻薬はあらゆる精神作用を拡大する…、どんな些細な後悔も」
「自分の育てた花が、犯罪に加担していたという罪悪感も」
負の感情が増幅されて自殺という流れか?
第1話の佐久間翔子も、そのパターン?
能天気な奴は生き残るってこと?

18:41(CM込み)
「僕は神様のメモ帳を見たことがある」
「そこに書かれた14万4千人の名簿に…、君の名前は無かった」
「君に天使は迎えにこない」
「君は王国に呼ばれていない」
「この生暖かい薄暗がりが君に与えられた唯一の場所だ」
「ここで悠久の時を過ごしたまえ」
「この腐臭に満ちた闇の中で」
「それが君に与えられた永遠だ」
アリス、追い詰める、追い詰めるw
一寸、STEINS;GATE #19のオカリンを彷彿とさせるかも。
まぁ、これまでの例からすると殴っても全く堪えないだろうが…
「あのまま気持ちよく逝かせてたまるものか」
アリス、中々趣味が悪いw
それにしても墓見坂史郎、口程にもなかったな。
電話してきた時点で既に薬物中毒だったのか?

21:07(CM込み)
篠崎彩夏、春になっても眠ったままか。
文化祭とか言ってたから、半年位経過したの?
「届く筈がない」と言いつつ、ちゃんと聞こえてたよ、ってのがお約束だが…

22:43(CM込み)
「ニートはレッテルじゃない、生き様なんだよ」
「そして、僕はニート探偵、死者の代弁者だ」
「今、失われた言葉を暴こう」
篠崎彩夏、屋上を守りたかったのか?
言われてみれば、飛び降り騒ぎがあったんじゃ屋上閉鎖も納得だが…
薬物で自殺するような状態で、そこまで計算できるものだろうか?
「君と過ごした聖域に、何人も踏み込ませないようにするために」
それ程、その思いが強かったということ?
「見てごらん、始まるよ」
EDが被って、鳥肌が立つような見事な演出w
一瞬、ハートマークかと思ったら、鳴海が考えた園芸部のマーク?
鳴海に見せようと、彩夏が仕込んでたのか?
前回の何故わざわざ学校の屋上を選んだか?と言っていたのと、今回の謝礼の花云々はこの伏線か?
ナガミヒナゲシって、種子は文字通り芥子粒で繁殖力が強いみたいだから、彩夏が悪戯心で園芸部マークの形に蒔いてたらこうなるか?
でも、地場の他の草花を駆逐する程厄介な植物らしいが、園芸部の彩夏がそんなもの蒔くかというのも疑問?
花が咲いたら、種をばら撒く前に摘み取るつもりだったの?

24:11(CM込み)
「最後にこれを思い出したんだ、この場所を守ることを」
「彩夏は君の事を考えていたんだよ」
確かに第10話で、鳴海の「僕たちの」って台詞に反応して上機嫌だったな…

25:14(CM込み)
篠崎彩夏、奇跡の復活?
失われてしまった、と何度も強調するのが気になるけど…
それにしても、春になったら目覚めるとか、もしかして冬眠してたのかw

色々情報不足なアリスに対して今ひとつ萌えなかったこの作品。
話としては、結構楽しめたように思う。
終盤、特にラストはよかったな…

« ダンタリアンの書架 第13話 感想 | トップページ | 輪るピングドラム 11th station 感想 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571952/52820960

この記事へのトラックバック一覧です: 神様のメモ帳 第12話 感想:

« ダンタリアンの書架 第13話 感想 | トップページ | 輪るピングドラム 11th station 感想 »