« 僕は友達が少ない 第1話 感想 | トップページ | 輪るピングドラム 13th station 感想 »

2011年10月14日 (金)

ましろ色シンフォニー 第1話 感想

「ましろ」と聞いて、何を勘違いしたか泉戸ましろが出てくる奴の続編と思い込んでいたら、それはタユタマかw
エロゲ由来なのはわかるんだが…
ってか、購入リストによれば原作を何処かに積んである筈なんだがw

04:30(CM込み)
あ~、この娘、見覚えがある。確かに妹キャラとして認識してるw
青髪ツインテ、名前は瓜生桜乃?

06:00(CM込み)
「変な生き物に連れられて」
迷子のくせにのこのこついていってその台詞は如何なものか?
瓜生桜乃、意外と変な娘?

06:59(CM込み)
瓜生桜乃、何故隙間に隠れるのか?
もしかして、見つけてもらう気ないの?

12:16(CM込み)
桜乃と一緒に迷ってたのが瀬名愛理?
う~ん、見覚えがないw
「又、会いたい」
「私も。だって私達、もう友達だものね」
この二人、初対面だったんだよね?
いきなり親密過ぎなんじゃ?
三日月夜空と柏崎星奈が見たら、泣いて悔しがりそうだなw

14:50(CM込み)
「雨に濡れて冷え切った体を温めあう兄と妹(棒読み)」
瓜生桜乃、やっぱり変な娘w

20:08(CM込み)
「このアンジェ、野良メイドなんですよ」
あぁ、野良メイドも聞き覚えがあるなw

23:47(CM込み)
「少なくとも私は、あなた方男子を歓迎していませんっ!!」
思い出した。確かにそんな設定のゲームを買った。
しかし瀬名愛理、前日の様子から単に男嫌いってことじゃなさそう。
葛藤の末に苦渋の選択、みたいな感じだったし何か訳あり?
誰かに義理立てしてるとか?
ともあれ、この愛理をじわじわと籠絡する展開?

« 僕は友達が少ない 第1話 感想 | トップページ | 輪るピングドラム 13th station 感想 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571952/52985026

この記事へのトラックバック一覧です: ましろ色シンフォニー 第1話 感想:

« 僕は友達が少ない 第1話 感想 | トップページ | 輪るピングドラム 13th station 感想 »