« ダンタリアンの書架 第14話 感想 | トップページ | ST31000333AS逝く »

2011年10月 4日 (火)

輪るピングドラム 12th station 感想

01:49(CM込み)
高倉父、第36次南極環境防衛隊?
前回言ってた、16年前の「あの事件」と関係あるの?

04:33(CM込み)
「君の妹…、高倉陽毬は…、今夜また死ぬよ」
電話の相手はアバンのピンク髪?
第9話では司書とか名乗ってたけど…
中央図書館空の穴分室ってのはよくわからなかったが、この男が陽毬を生き返らせたの?

05:13(CM込み)
「16年前、大勢の人が死んだ、あの事件を起こしたのは、僕たちの父さんと母さんなんだ」

06:47(CM込み)
何気ない電話かと思ったら、相手は要所要所に配置されたワゴン車?
テロでも起こす気かと思ったところに、この目つきw
生存戦略って何する気?
しかし、父親はともかく母親の方は出産直後で事件起こせる状態じゃないのでは?
1995年で地下鉄とか言うから絶対サリンだと思ったが、苹果姉が見つからないとか言ってるところを見ると爆弾テロ?ともあれ、多蕗を待ってて巻き込まれたのか?
事件の目的は不明だが、日記が現場から発見されたってことは苹果姉が最後に核心に触れるようなことを記しているの?

09:56(CM込み)
多蕗の指の傷は何かの伏線?
苹果姉のことを思いながら見つめるってのは何か関係あるの?
遺体が見つからないってことは、移植したとかじゃないよね?
あの後、苹果姉を探して現場に突入して怪我したとか?

10:15(CM込み)
「僕たちの両親、高倉剣山と千江美は、16年前、沢山の人達を傷付け殺した犯罪組織の指導的幹部だったんだ」
よくわからんな。それでどうやって子供育てたの?正体隠して?
もしかして、陽毬が学校去ったのは正体がばれたから?
そして、帽子様は不謹慎過ぎ。

11:32(CM込み)
「ピングドラムを手に入れろ」
「妹の命を救いたければ」
「己を縛る、運命から逃れたければ」
「そのレールを切り替えたければ」
世界線の移動にピングドラムが必要ってこと?
それにしても闇兎って?アバンの黒ウサギ?天魔とか出てくるの?
「奴を止めろ…」
息絶える陽毬。帽子様の効果切れ?
奴ってピンク髪の自称司書?それとも、高倉父が未だ何か企んでるの?

16:43(CM込み)
高倉陽毬、死んだ訳じゃなかったか。

20:17(CM込み)
高倉冠葉、不穏な発言。
「俺の命を分け与えた」?取引?
悪魔と契約でもしたのか?

24:34(CM込み)
「だって罰は、一番理不尽じゃないとねぇ」
うわぁ…
しかし、罪を犯した当人がいないんじゃ罰にならないんじゃ?
それも含めて理不尽ということ?

この作品、色々やば過ぎ。放送中止にならんか心配になってきた…
これから、一体何処へ向かおうとしているのだろう?

« ダンタリアンの書架 第14話 感想 | トップページ | ST31000333AS逝く »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571952/52902873

この記事へのトラックバック一覧です: 輪るピングドラム 12th station 感想:

« ダンタリアンの書架 第14話 感想 | トップページ | ST31000333AS逝く »