« ましろ色シンフォニー 第4話 感想 | トップページ | C3 -シーキューブ- 第五章 感想 »

2011年10月31日 (月)

輪るピングドラム 16th station 感想

03:27(CM込み)
時籠ゆり、ダミーを用意しただけでは飽き足らず、ご丁寧に挑発メッセージ迄仕込んでるw
そこは、余計な事せず少しでも時間を稼ぐべきなのでは?
そして、夏芽真砂子は意外とお茶目?

07:18(CM込み)
高倉陽毬、お久しぶりの帽子様状態。
って、監視に気付いてたのか?
「(生存戦略)」、吹いた。
そんな吹き出し、いつ用意したんだ?w
そして、やっぱりイリュージョンなの?しかも、離れていても関係なし?
「い~よ、い~よぉ」じゃねーよっ!!w

15:44(CM込み)
「だってあたしは、晶馬君のストーカーなんだもの」
荻野目苹果、相手が変わってもやることは一緒か?w
しかし、ストーカーを名乗るなら10分刻みで日記つけないとw
ともあれ、時籠ゆりに指摘された自分の気持ちを素直に認めたのは進歩なのか?

24:31(CM込み)
「世界を取り戻すのさ」
渡瀬眞悧、物凄く悪い顔w
世界を革命するつもりか?
って、夢オチかよっ!!
と思ったら、河豚喰ったとこ迄は現実?祖父が憑依したのも?

今回は何時にも増して訳わからんかった…
とりあえず、前回の「乗り換え」と合わせて、今の世界線は間違ってると考えてる人物が複数いる、ってこと?
で、渡瀬眞悧は組織的に今の世界を壊そうとしてるの?

« ましろ色シンフォニー 第4話 感想 | トップページ | C3 -シーキューブ- 第五章 感想 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571952/53132225

この記事へのトラックバック一覧です: 輪るピングドラム 16th station 感想:

« ましろ色シンフォニー 第4話 感想 | トップページ | C3 -シーキューブ- 第五章 感想 »