« 輪るピングドラム 12th station 感想 | トップページ | C3 -シーキューブ- 第一章 感想 »

2011年10月12日 (水)

ST31000333AS逝く

埃が溜まって高温化した所為か、HDDがお亡くなりに。
未だ10000時間そこそこなのに…
一緒に接続していたもう一台は、この10ヶ月程代替処理済セクタ4のままだから、システム パーティションはアクセスが激しくて壊れやすいということか?

zipを解凍中にOS毎ハングアップ。 見ると、C5 Current Pending Sector CountとC6 Off-Line Scan Uncorrectable Sector Countが1に。 chkdsk /rは通るものの、代替処理してくれない。 不良セクタに当たったと思われるzipを上書きすると、普通に書き込まれるがC5はそのまま。 SeaToolsのロングリードテストは途中でOS毎ハングアップ。

仕方が無いのでST31000524ASを買ってきた。
Paragon Partition Manager 7.0 Professionalでディスクをコピー。
途中でハングアップ orz
ddrescueか?と思ったが、ふと思い出したPowerQuest V2i Protectorの「ドライブのコピー」で一見問題なく吸い上げられた。システムじゃないし実行ファイルも置いてないから、まあいいか…

« 輪るピングドラム 12th station 感想 | トップページ | C3 -シーキューブ- 第一章 感想 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571952/52977672

この記事へのトラックバック一覧です: ST31000333AS逝く:

« 輪るピングドラム 12th station 感想 | トップページ | C3 -シーキューブ- 第一章 感想 »