« ましろ色シンフォニー 第6話 感想 | トップページ | C3 -シーキューブ- 第七章 感想 »

2011年11月13日 (日)

輪るピングドラム 18th station 感想

01:05(CM込み)
ピアノ?
もしかして多蕗桂樹、指の傷はピアノの蓋で挟んだとかなの?
幾ら幼くても普通に閉まっただけなら、ああはならないか?
誰かが故意に?妬みとか?
って、凄い既視感が…
多蕗母、時籠父と同質の人間?
そして、妬んだのは多蕗桂樹の方か。自演乙w

06:23(CM込み)
切れ掛かってるワイヤーって、苹果が乗ってるエレベーターの?
ピンチなのは高倉陽毬じゃなくて、荻野目苹果の方?

10:40(CM込み)
う~む、よくわからんな。今までのは何かの抽象表現なの?
桃果の焦げた手の甲のは現実?
自殺した多蕗を例の「乗り換え」で引き戻した「代償」とか?

13:33(CM込み)
ピンチなのはやっぱり陽毬なんだ?
多蕗桂樹、周到にワイヤーを細工してあったの?
それとも、単なる重量オーバー?

22:36(CM込み)
何がどーなったんだ?
多蕗桂樹、どうやって陽毬を確保したんだ?
下へ降りて待ち構えてたの?
にしても、普通の人間なら一緒に落ちちゃうんじゃ?

24:27(CM込み)
時籠ゆり、ここで激昂するってことは多蕗に惚れてたの?
仮面夫婦とか言ってた割に…

25:16(CM込み)
「あたしは受け入れて強くなるよ…、だからっ…」
荻野目苹果、死亡フラグ立てた?
OPからすると全てを引き受けて、大きな代償払いそうで怖い…

« ましろ色シンフォニー 第6話 感想 | トップページ | C3 -シーキューブ- 第七章 感想 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571952/53236357

この記事へのトラックバック一覧です: 輪るピングドラム 18th station 感想:

« ましろ色シンフォニー 第6話 感想 | トップページ | C3 -シーキューブ- 第七章 感想 »