« 輪るピングドラム 22nd station 感想 | トップページ | BDに移動 その2 »

2011年12月12日 (月)

C3 -シーキューブ- 第十一章 感想

04:01(CM込み)
何、この形?手?こんなふうに欠損してたってこと?
でも、いくつかの部位ってことは、目玉とか耳とか乳とかパーツ単位ってこと?
そして、フィアが疑ってるのは黒絵というより呪いが解けるか否かなの?
能天気そうに見えて、随分と悲観的&猜疑心が強いなw

05:15(CM込み)
「燃料補給のようなもの」
人形原黒絵、別に髪の毛が主食って訳じゃないの?
「弔いの気持ちで食べた」
でも、食べたって表現になるんだ?

07:17(CM込み)
前回、被害者は何かの信者かとも思ったが…
強ち間違いではなかったってことか?
呪われた道具を信奉する連中?
ワース教みたいな感じ?サブタイトル通り狂信者?
そして、あの十字架はヒントだったのね…

13:36(CM込み)
上野錐霞は要らない子?
なら、何故連れて行ったのか?
見せしめに殺してみたけど、死ななかったんで送り返したとか?

15:31(CM込み)
上野錐霞、意識し過ぎw
黒絵、その有様で随分余裕だな。ってか、提供画面の嫌な笑いはこれか…

20:48(CM込み)
上野錐霞、自爆乙。
しかし、この教師も迂闊だな。十分想定の範囲だろうに。甘く見過ぎた?
この手のキャラがあんな痴態を晒すからには、それなりの覚悟があるのはわかりそうなものだが…

22:48(CM込み)
「使えるものは全て使い」
「あらゆるものを代償に」
「私は取り戻すべきものを取り戻す」
フィア、いつになく真剣。
しかし、破廉恥っぷりは力なのか?フィアにとっては脅威ってこと?
村正このは、お人よし力とか料理力って何だよw
そして錐霞、確かに仲間かもしれんが、それ以上に恋敵同士なんじゃ?
そんな、和やかに談笑してていいのか?

« 輪るピングドラム 22nd station 感想 | トップページ | BDに移動 その2 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571952/53469850

この記事へのトラックバック一覧です: C3 -シーキューブ- 第十一章 感想:

« 輪るピングドラム 22nd station 感想 | トップページ | BDに移動 その2 »