« 男子高校生の日常 第11話 感想 | トップページ | Another 第11話 感想 »

2012年3月22日 (木)

未来日記 第22話 感想

00:15(CM込み)
「もうお前がここを訪れる頃合いか、秋瀬 或」
予定されてたって事?しかもそれなりの役割がある?
で、ムルムル的には聞かれると都合が悪いの?
「死んだ人間が生き返るのかという意味で問うているならば」
この言い回しだと、別に生き返る訳じゃないの?
神という位だから、新たな世界を好きに創造しろってこと?

04:13(CM込み)
観測者?
秋瀬 或、やっぱり何らかの役目が?
「その為に設置された、この世の因果の記録」?
しかし、本人には自覚なし?
ともあれ、以前のEDで意味ありげだったのはそういう訳か。
アカシックレコードってよく聞くけど、作品中に直接出てきたは初めて見たかも…

06:20(CM込み)
こっちは何やってるのかと思ったら、 第9話の時のメモ?今更何で?
もしかして、8thの日記にUPして或を孫所有者に?
だとして、何の為に?

07:25(CM込み)
「今度は僕自身が未来を変える」
「ここからは僕の意思だ」
いやいや、予め自分の素性を知らないとそんな準備しないんじゃない?
何かの役に立つかもと思って?
それなら、孫所有者になってから謁見すればよかったんじゃ?

07:58(CM込み)
7/21 14:10 [桜見市内]

09:11(CM込み)
我妻 由乃、相変わらず全く躊躇いがないな…
秋瀬 或、作り物だから死なないのかと思ったらあっさり逝くの?
未来を変えるんじゃなかったのか?

09:42(CM込み)
と思ったら、防刃ベスト?
それなら、あんなに深々と刺さらないんじゃ?

10:44(CM込み)
秋瀬 或、ここで笑うってことは由乃とユッキーを引き離すのが目的?
とはいえ、或とユッキーを残して行くこともできないか…

10:53(CM込み)
「我妻さんは天野君のこと、騙してた」
偽物って話とは別だよね?
やっぱり、ユッキーを殺して自分が神になろうとしてる?

11:42(CM込み)
「神になったって、人は生き返らないんやっ!!」
あれっ?その話は由乃が言い出したんだっけ?
だとしても、それが間違ってたからといって直ちに騙したことにはならないんじゃ?
由乃自身が、そう思い込んでるだけかもしれないし…

13:45(CM込み)
我妻 由乃、今更ながら狂ってるな…
そこまでして、目的は何なんだ?

16:18(CM込み)
日野日向、無残…
魂までは復元できないとか言ってる側からこの有様かよ?

16:35(CM込み)
「これ」って何?携帯電話が二つ?
別の日記?

17:10(CM込み)
野之坂まお、お前もか…
石はやめといた方が良かったんじゃ?
まぁ、撃たれなかったとしても日向のこと好き過ぎて生きていけないか?

19:24(CM込み)
「自分が最後の勝者となる為に」
本当にそうなの?
それなら、先にユッキー殺すんじゃ?
どう見ても、8thの方が楽そうだし…

20:57(CM込み)
偽物の日記を用意してたのかと思ったら、二つとも本物?
もしかして、本当の我妻由乃も日記所有者だったとか言い出すのか?
所有者が死んでも日記は残るんだっけ?
そう言えば、 第13話で西島 真澄が秋瀬 或に遺品となった日記を見せてたな…

23:24(CM込み)
やっぱり、ムルムルが作ったクローンとかいう展開?
それなら、生体認証パスするのも頷ける?
でも、本物の我妻由乃はゲームに参加していないと言ってたな?
死んだの随分前みたいだし…
となると、偽物がもう一人居たってこと?
秋瀬 或に日記を破壊された時、人知れず何処かで消滅した?
偽物1を殺して油断してるユッキーを偽物2が後ろからバッサリ、という計画だったとか?

« 男子高校生の日常 第11話 感想 | トップページ | Another 第11話 感想 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571952/54285569

この記事へのトラックバック一覧です: 未来日記 第22話 感想:

» (アニメ感想) 未来日記 第22話 「切断」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
未来日記 Blu-ray限定版 第3巻(2012/02/24)富樫美鈴、村田知沙 他商品詳細を見る 崩壊を始めた世界で、死んでしまった人間を生き返らせるために神になると決意した雪輝は、残りの日記所有者である8th上...... [続きを読む]

« 男子高校生の日常 第11話 感想 | トップページ | Another 第11話 感想 »