« カンピオーネ! 第9話 感想 | トップページ | 氷菓 第20話 感想 »

2012年9月11日 (火)

VARDIAからDIGAへダビング

DIGAでBDにダビングするつもりが誤って削除してしまった。
そう言えば、確かi.Linkでダビングできた筈。
早速、ケーブルを購入。
ELECOM IEEE1394ケーブル 1.0m DH-IE4410

接続しようとするも、うまく刺さらない。
よく見ると、ケーブル側の金属部分と機器側の金属部分が同サイズのような…
あれ、もしかして、オスとメスがあったりする?
調べて見ても、そんなものは無さそうなので再試行。
なんとか接続できた。

先ずはDIGA DMR-BZT600側でi.LinkのモードをTS1に。
次にVARDIA RD-X8の編集ナビでダビング先にD-VHS/RDを選択。
「機器接続に失敗しました」 orz

試行錯誤の末、結局ケーブルの抜き差しで認識された。
まぁ、端子カバーもなしに放置してあったしね。

ダビング中、DIGA DMR-BZT600側では映像のみで音声が出ないので一寸焦ったが、終了後に再生してみたらちゃんと音も入っていた。
実時間を要するのはあれだが、これで昔録画した番組もBDに焼ける訳だ。
DRモードのみという制限はあるが…

« カンピオーネ! 第9話 感想 | トップページ | 氷菓 第20話 感想 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571952/55628302

この記事へのトラックバック一覧です: VARDIAからDIGAへダビング:

« カンピオーネ! 第9話 感想 | トップページ | 氷菓 第20話 感想 »